スローコスメから見た新時代化粧品事情

化粧品の良し悪しは、10年~30年(長期間)使用して、お肌が健康であるかどうかにあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある忘れられない美容相談

「合成界面活性剤を添加していないという化粧品を使い出したら、1週間ぐらいでシワが出てきた。10日目にはひどいシワになったので、前に使っていた美容液をつけたら1晩でシワが消えた」

この美容相談はメールで頂いたものです。

この女性は合成界面活性剤で皮膚のバリアをこわして皮膚に水を注入してきました。注入した水はそのままだと蒸発してしまうから、シワを目立たなくするための保湿化粧水は、合成界面活性剤のほかに閉塞剤(フタ)も配合して蒸発を防いでいます。

皮膚に水を閉じ込める閉塞剤には合成樹脂などが用いられています。皮膚がふくらんですべすべしてシワが目立たなくなるのがこの化粧品の特徴といえます。

皮膚に水を保持させられる時間は数日。数日たつと閉塞剤がなくなり、化粧品の水が一気に蒸発します。

こういう無茶をしていると皮膚は老化し、シワがひどくなっていきます。

皮膚に水分を入れるのは、見かけをよくするためだけです。そして石鹸も使えない乾燥肌になり、老化をすすめているのです。

見かけをよくして皮膚が健康になったと女性に錯覚させるのはおかしいのではないでしょうか?

あなたはどう思いますか?
スポンサーサイト

テーマ:コスメ・スキンケア - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/11/14(火) 08:21:38|
  2. 美容
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。