スローコスメから見た新時代化粧品事情

化粧品の良し悪しは、10年~30年(長期間)使用して、お肌が健康であるかどうかにあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

両立しない、2つの乾燥肌対策。

両立しない、2つの乾燥肌対策。あなたは、どちらを選択していますか?

皮脂の分泌量が少なくなってきて、お肌が乾燥する季節になってきました。毎年、乾燥肌で悩まれる方も多いと思います。

乾燥肌対策には2つの方法があります。

1.合成界面活性剤を使って、保水(保湿)化粧品の水分を皮内に浸透させ、お肌に潤いを与える方法。

2.皮膚のバリアゾーン(角質層+顆粒層)を健康で丈夫にし、皮膚組織の水分の蒸発を防ぐ方法。

あなたは、どちらの乾燥肌対策を行っていますか?残念ですが、2つの方法を兼ね備えた化粧品は存在しません。

皮膚は、もともと外部からの異物の侵入を防ぐ為に、バリアゾーン(角質層+顆粒層)を持っています。1の方法の場合、化粧品に使用される水分は、バリアゾーンの脂の層に阻まれてしまい、皮内に浸透することは出来ません。このことは、私達がお風呂やプールで泳いでいても、決して水分が皮内に浸透しないことからも、お分かり頂けると思います。

皮内に化粧品に使用されている水分を浸透させる為には、バリアゾーンを壊さなければいけないのです。一般にはバリアゾーンを壊す浸透剤に、合成界面活性剤が使用されています。強い浸透作用を持っている合成界面活性剤を使用することで、皮内に水分を浸透させる入口を作っているのです。

ここで、困ったことが起きてきます。入口は、出口にもなるということです。化粧品に使用されている水分を皮内に入る入口は、皮膚組織の水分を蒸発させてしまう、出口にもなってしまいます。

保水(保湿)化粧品を使用することで、ますます素肌が乾燥してしまうのは、こういう理由からです。最終的には、常に保水(保湿)化粧品を使用しないと困る程、皮膚の乾燥が酷くなります。そして石鹸が使用できなくなるくらい、バリアゾーンを傷めてしまうのです。このことは、メイク化粧品に含まれるタール色素、レーキ類が皮内に入りやすくなるということも意味します。シミやシワの原因を作ってしまうことにもなるのです。

あなたは、化粧品の水分で、皮膚を潤していませんか?

そのことの意味を正しく理解していますか?


1と2のスキンケアの決定的な違いの分かる実験があります。

純石鹸(合成界面活性剤を使用していない、本物の石鹸)を使用します。今使用している石鹸が、純石鹸かどうか分からない人は、一度お風呂で使用してみて下さい。純石鹸の場合は、洗面器や湯舟などに、純石鹸独特の湯垢が付着します。


話を元に戻しますね。純石鹸だけで洗顔して、後、何もつけずに寝て下さい。1の乾燥肌対策を毎日しっかり行って来た方は、お肌が酷く乾燥して、小ジワに覆われているはずです。すぐにでも保水(保湿)化粧品を使用したいはずです。又小ジワを隠してくれる乳液等の化粧品を使用したくなるはずです。


でも、残念ですが、この素肌が、あなたの本当の素肌です。


2の乾燥肌対策を毎日しっかり行って来た方は、潤いのある状態の素肌で、目が覚めるはずです。バリアゾーン(角質層+顆粒層)が健康で丈夫ですから、皮膚組織の水分が蒸発して、乾燥して困ることはありません。まして、化粧品の水分を皮内に浸透させる必要もありません。


あなたは今年の冬、どちらの乾燥肌対策を選択しますか?


化粧品を使用していない時、化粧品を皮膚から完全に抜いた時に、乾燥していない状態が、健康な皮膚の状態ではないでしょうか?またそのことを可能にする化粧品が、皮膚生理に基づいた化粧品だと私達は考えます。

創業77年 日本唯一のスローコスメ 「ゼノア化粧料本舗」
スポンサーサイト

テーマ:コスメ・スキンケア - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2009/12/08(火) 12:08:53|
  2. 美容
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。