スローコスメから見た新時代化粧品事情

化粧品の良し悪しは、10年~30年(長期間)使用して、お肌が健康であるかどうかにあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

乾燥肌の本当の理由

消費者にとって化粧品は非常に判断の難しい商品ですが、基礎化粧品は「皮脂」の代用品であると考えるとわかりやすいと思います。

過去2000年の間に、コールドクリーム、バニシングクリーム、酸性化粧品などの代表的な化粧品が考案されましたが、皮脂の組成と比較すると、ほとんど同じであることに驚かされます。

人間の皮膚は過去数百万年にわたり、皮脂によって守られてきました。そして皮脂のすくない女性や高齢者のために皮脂の代用品として考案されたのが脂っぽいコールドクリームだったのです。

皮脂の成分はほとんどが脂質です。クリームも脂気が強くなければいけません。ところが化粧品は脂が多くふくまれるほど、つけ心地が悪くなります。このことが化粧品開発の方向と消費者の選択(好み)を誤らせてしまったのです。

つまり、つけ心地をよくするために化粧品中の脂質の量を減らしつづけてきたのです。化粧品業界は皮膚にとって都合のわるい化粧品を2000年にわたって開発しつづけ、消費者もそういう化粧品を求めつづけてしまったのです。

つけ心地をよくするために脂を減らせば減らすほど、基礎化粧品は皮脂の代用品としての価値を失います。まずこの事実を知って頂きたいのです。

女性をひきつけようと「シミむけに」「シワむけに」「無添加・無香」「石油系界面活性剤は使っていません」「鉱物油を使っていません」「バージンオイル」「深層水」「UVカット」「ホワイトニング」「美肌水」等、色々なキャッチコピーが様々な広告媒体で流されています。

化粧品は家電商品のように使ったらすぐに価値が判断できるという商品ではありません。わるいものを何年も使ってしまう危険な商品なのです。

食品なら体の一部になります。体に同化します。しかし、化粧品は食品ではありません。化粧品の皮膚への浸透は、皮膚のバリア(角質層+顆粒層)の破壊を意味します。

皮膚が化粧品を食べたら皮膚は壊れてしまうのです。

バリアの破壊が意味するものは、化粧品原料などの異物が浸透してしまうということだけではありません。皮膚の重要な水分が蒸発して逃げてしまうことを意味するのです。

細胞賦活化粧品や美白化粧品などを使い続けてきた人は、いつも保湿性の化粧品を皮膚にすりこんでいないと、皮膚が干からびてしまいます。

そういう薬効成分を皮膚に入れるための浸透剤によってバリアが壊れてしまうからなのです。

乳液は脂っぽいクリームと違い、しっとりしてつけ心地がいい化粧品です。乳液を皮膚に吸わせれば若々しく潤うように見えます。

しかし、皮膚に水分を入れるということは、内部の水分が蒸発しやすい皮膚になるということです。化粧品は、決してつけた感触で選んではいけない商品なのです。化粧品の判断するうえで、最も重要なのは、長期連用して乾燥肌になっていないか、ということです。

一度、合成界面活性剤を使用していない純石鹸で洗顔して、化粧水もなにもつけず、そのまま自然に乾かして素肌を観察してみて下さい。もちろんこのテストは化粧品を皮膚から完全に抜いた状態でしなければいけません。


皮膚がひどく乾燥して収縮し、小さなシワでおおわれていませんか?


化粧品を皮膚から抜いたときに、皮膚が潤っている(皮膚が乾燥していない)化粧品が一番よい化粧品です。逆に皮膚を潤して小じわをめだたなくしてくれる化粧品が一番悪い化粧品です。

よい化粧品とは、皮膚のバリアを脂質で補強してくれ、その結果、皮膚から水分が逃げず、皮膚が皮膚自身の水分で自然に潤う化粧品なのです。


あなたは化粧品の水分によって肌を潤していませんか?

創業70年 日本唯一のスローコスメ「ゼノア化粧料本舗」
スポンサーサイト

テーマ:美容・健康 - ジャンル:ライフ

  1. 2006/02/04(土) 10:46:16|
  2. 美容
  3. | コメント:0
<<保水(保湿)をするということ | ホーム |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。